環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。
トップページへ
第80講「政権交代と環境政策」
第79講「新たな政策形成回路創出に向けて―わが国の政権運営の行方は」
第78講『日本政府、「中期目標」決定』
第77講「後退する氷河と増大する氷河湖決壊の危機」
第76講「低炭素革命雑感 ─附:漂着ごみの行方」
メルマガ申し込み 会員登録 ヘルプ サイトマップ
国内ニュース 海外ニュース イベント情報 環境Q&A 機関情報 環境リンク集 環境用語集 ライブラリ 森づくり宣言
No. 第79講「新たな政策形成回路創出に向けて―わが国の政権運営の行方は」
page 1/4 
1
234
Issued: 2009.07.30
H教授の環境行政時評(第79講 その1)
西日本を豪雨襲撃

Aさん―センセイ、梅雨明けどころか、台風みたいなとんでもない豪雨で、中国や九州北部で随分被害が出ています。今日いっぱい、雨は続くそうです。

H教授―随分死者も出ている。心からお悔み申し上げるとともに、被災者の方にお見舞い申し上げよう。ボクは来週山口に集中講義に行くことにしているんで、呼んでくれた大学の先生に連絡したところ、やはり避難勧告が出て避難していたそうだから、他人事とは思えない。

Aさん―防災対策がきちんとされていたのか疑問ですねえ。
H教授―そりゃあ、治山治水が大切なことは論を待たない。でも、それで100%災害を防止するなんていうのはそもそも不可能。総合治水という考え方を以前話したよね【1】。そして、いざというとき避難できる体制を普段から整えておかなければいけない。

Aさん―大きな災害に遭った山口県の防府市では、避難勧告の遅れが指摘されていますね。

H教授―実際問題として避難勧告というのは相当の混乱が予想される。しかもそれが空打ちに終わった場合、非難に晒されるのは行政。だから、上の方の判断としては「もう少し様子を見てから」ということになりがちだ。防府市の場合はそれが最悪の結果となったと言えるだろう。

Aさん―防府市でも、行政の避難勧告以前に、地域コミュニティの自主判断で避難して危うく難を免れた地区がありましたねえ。

H教授―うん、その地域の自然を知り尽くした古老の判断が尊重されるような、よほどしっかりしたコミュニティが残っていたんだろうなあ。高度経済成長以前の日本社会はそんな自然発生的なコミュニティのネットワークで覆われていた。
でもねえ、今ではそれが美談とされるほど稀なことになってしまったんだ。そういう自然発生的な共同体が負っていた自己責任は、今では行政の責任ということになってしまった。
そのこと自体はある程度は仕方がないことだろうが、何から何まで全部を行政に押し付けてよしとしちゃあいけないと思うな。

Aさん―自分の住んでいるところに、どの程度の危険が潜んでいるのか、普段から知っておく必要があるということですね。

H教授―うん、実はボクも市のホームページからハザードマップを確認してみたんだ。ボクの住宅も「地すべり危険箇所」「土砂災害警戒区域(急傾斜地)」になっていた。
【1】 総合治水
第22講(その2)「時評2 ─総合治水」

Aさん―ひぇええ、それは法律か何かで指定されているんですか。

H教授―いや、そうじゃなさそうだ。そういう法定の地域指定ということになると、建築規制も必要になるし、地価だって大幅に下がるだろうから、抵抗も強く、そう簡単には指定できないようだ。だから、注意を促すためだけのようだ。ぼくだって買ったときに不動産屋からそんな話は聞いた記憶がないもんなあ。
でも、緩い規制しかできない、あるいは建築規制はできないにせよ、何らかの法定地域にして、不動産売買時に情報開示を義務付けることぐらいは必要じゃないかなあ。
 ページトップ

大雪山遭難事故を巡って
Aさん―まあ、いずれにせよ、今も激しく雨が降りしきっています。これ以上の被害がでないように祈りましょう。
ところで、西日本の豪雨災害の前には、北海道の大雪山系で、多くの中高年登山者が遭難しました。

H教授―あれには驚いた。低体温症というらしいんだけど、夏山で次々と凍死するなんて、本土じゃあまず考えられないものなあ。なんでも最低気温は10度以下で、雨と強風で体感温度は零度以下になったらしいから、本土だったら、夏山じゃなくて秋山だね。

Aさん―やっぱりガイドが悪いと?

H教授―参加者の責任もあるだろうが、ガイドの責任が大きいし、そもそも3人のガイドのうち大雪山系の経験者が一人だけなんてのは論外だ。
そもそも、あんなツアーを企画したツアー会社の責任が一番大きいだろう。
後知恵になってしまうけど、予備日なしの大雪縦走ツアーという企画そのものが無茶苦茶と言わざるを得ないし、ツアー会社の過失責任は免れないだろうと思うね【2】

Aさん―昔から山岳ガイドのツアーというのはあったのですか。

H教授―ぼくが北アルプスでレンジャーをしていたのはもう40年近い昔になるけど、その頃だって山岳ガイドがいた。だけど、それは登山者個人か、登山者のパーティが依頼するのが普通じゃなかったかなあ。旅行会社が企画してという形式はあったとしても、それほど一般的じゃなかった気がする。
予備日なしで往復の飛行機の切符まで確保、技術も装備も経験もバラバラで、気心もしれない中高年ばかりの即席パーティ。これで、大雪山系縦走だなんて、考えるだにぞっとする。最低でも予備日が前後1日ずつ、2日は必要だろう。

Aさん―でも登山者って中高年が多いんですねえ。

H教授―ぼくらが学生の頃は、山男ってのはカッコいい存在のように思えたんだ。だからみんな山に行った。でも、その後、テニスだ、サーフィンだ、ボードだと趣味が多様化し、ある時期から、若者は山からほとんどいなくなってしまった。
奥多摩や六甲にでも行ってみればわかるけど、トレッキングシューズや登山靴を履いて山歩きをするグループは、多分その8割までが中高年だろう。
そういえば、大昔のキャンパスや職場の周辺での娯楽と言えばマージャンだったけど、今じゃあ、若者はマージャンなんてやらなくなっちゃったし、雀荘そのものも絶滅危惧種になっちゃった。
【2】 トムラウシのツアー登山と大量遭難
北海道大雪山系 トムラウシ山 大量遭難を考える。

Aさん―あら、アタシ、マージャンゲームならできますよ。

H教授―盲牌もできない、点数も自動的に計算されて出てくるし、対局者との軽口の応酬というか、クチゲバもない、そんなものは“マージャン”とは呼ばないんだ。

Aさん―へえ、センセイ、マージャンは得意だったんですか。

H教授―ああ、自慢じゃないが、大学時代から役人時代の前期までは随分ならしたものだ。

Aさん―そのエネルギーを英語や学問に注ぎ込んでおけば、もう少しマトモなキョージュになれたんじゃないですか。

H教授―うん、そうなんだよな。今になればつくづく後悔…(ハッとして)バ、バカ!

Aさん―ぷっ、それはともかくとして、センセイと同世代の人がバリバリ山登りしています。三浦雄一郎サンは75歳でエベレストに登頂したそうですよ。
それにひきかえセンセイは元レンジャーだというのに、ゼミ合宿で登る伯耆大山ですら今年はギブアップするんでしょう。思いっきりメタボで、ありとあらゆる成人病を抱え込むなんて、日頃の節制と鍛錬がなってないんじゃないですか。

H教授―その代わり、皆に遭難騒ぎで迷惑かけることもないし、トムラウシに登りたいなんて高望みをすることもない。大体歳をとれば体力、脚力が落ちるのは当然なんだ。問題は精神の柔軟性、アタマの若さなんだ。

Aさん―そういえば、先輩からおもしろいことを聞きましたよ。7〜8年前、ゼミ生とスキーに行かれたそうですね。何十年ぶりだとかいいながら、結構うまく滑っていて、転ぶときも理想的な転び方をしたので感心したら、足の筋力がまるでなくて、そのまま起き上がれなかったとか(笑)。

H教授―(真っ赤になって)う、うるさい…!
 ページトップ
page 1/4 
1
234
次のページへ

Copyright (C) 2004 EIC NET. All rights reserved.