EICネット
前のページへ戻る

H教授の環境行政時評

環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

No.090

第90講「中締めの季―お礼とお願い」

Issued: 2010.07.12

H教授の環境行政時評(第90講)

Aさん―センセイ、鳩山サンが辞任し、菅サンがソーリになりました。
で、それに伴って、温暖化対策基本法が廃案に、環境影響評価法改正も継続審議になってしまい【1】、すべては7月11日の参院選後になってしまいました。センセイ、これをどう思われますか。だって…。

H教授―今度の参院選については…(口を挟もうとする)。

Aさん―(口を挟ませず)この政治空白の間に、いろんなことが次々に起きています。
生物多様性条約COP10の準備会合では、ポスト2010の定量目標【2】が何ひとつ決まらなかったし、ABSについても米国と途上国の溝は埋まらず、早くも赤信号が…。

H教授―おいおい(また口を挟もうとする)。

Aさん―(口を挟ませず)一方、IWC総会でも議長提案は宙に浮いたまま一年間の冷却期間を置くと言うことで何一つ進展は見られませんでした【3】。そしてメキシコ湾の原油流出事故【4】では依然として原油の流出が続いています。なんでも三井物産系の石油開発会社が権益を共有しているとかで、補償を求められるという話もあります。直接環境問題には関係しないけど、大相撲は野球賭博問題で大変なことになっていますし、ワールドカップでは…。

H教授―いい加減にしろ!(かんしゃくを起こす)

Aさん―ど、どうしたんですか、大人気ない大声を出して(キョージュを睨む)。

H教授―今講は普通の時評じゃないんだ。そういう話は次回から一個一個やっていけばいい。今日は引越しの挨拶と読者へのお礼をすると言っただろう。

Aさん―あ、そうか。今回は第90講、EICネットでの最終講なんですね。次講からは大学のホームページに引っ越すんだった。

H教授―うん、移行措置として、今回はEICネットと大学ホームページの両方に載せてもらうことになっている。いわば競作だな。

Aさん―読者の皆さん、引越し先はこちらです。ぜひ「お気に入り」に登録しておいてくださいね。
それから今までの時評はEICネットのライブラリに保管しておいてくれるそうですから、第90講まではこれまでどおり、EICネットで読めるそうです。

H教授―引越し先でも体裁はできるだけ今までのものと同じようにするということで、すでにイラスト一式を譲り受けている。

Aさん―その編集はどうするんですか。今まではEIC編集部にやってもらっていたんでしょう?

H教授―内容は従来どおり畏友S兄にチェックしてもらうし、体裁その他はキミがやるに決まってるじゃないか。

Aさん―アタシにそんな難しいことができるわけがありません(きっぱり)。だからゼミ生のBチャンに頼んでおきました。

ページトップ

やめるという誤解

H教授―やれやれ。
ところで、「やめないでください」というお便りを随分いただいた。

Aさん―引越しするだけですのにね。あ、そうか。第89講のタイトルが誤解の原因だ。『EICネット最終講宣言』ですもんね。

H教授―うん、いくつか紹介しよう。

なんでやめるんですか!本時評掲載は大変有意義な税金の使い方だと思います。
公平性は反論コーナーを設けて担保すれば良いと思います。(後略)

このコラムがあったからEICネットにアクセスしていた、といっても過言ではありません。終わってしまうのはとても残念です。近視眼的でない、市民感覚目線での環境論として、とても参考になるものでした。

普段はバラバラの記事で見聞きするニュースなどを、繋げながら話を展開して頂けるので、それぞれの繋がりが分かるし、関連するニュースを同時に吸収できるので楽しく拝読させて頂いています。引き続きご執筆して下されば幸いです。20代学生

数年前までよく愛読していたものです。その後多忙に任せて、ご無沙汰してしまいましたが、久しぶりに読まさせてもらうと、「やめる」と出ているではないですか!やめるの絶対反対!ぜひ続けてください。

最終講と見て、改めてゆっくり読みました。裏話と言うか通常のニュースだけでは分らない面や、物事の流れが分って貴重な話だったなと思っています。終わりとなると寂しい気がします。

毎月更新を楽しみにしていました。環境関係の情報源の中では裏情報が入ると共に、教授とAさんの掛け合いが清涼剤として堅苦しい話題の中の楽しみでした。どうか移動しないでEICネットに残れるよう願っています。
阪神電鉄のファン向けホームページ「まにあっく阪神」も今年3/31と4/1のエイプリールフールで閉鎖となりネットワークの楽しみが無くなっていくのは寂しいです。

Aさん―あ、センセイ。眼に涙が(と言いつつ、自分の目からも光るものが)。

H教授―違う、違う。埃が目に入っただけだ。いや、黄砂かな(慌てて誤魔化す)。
それにしても7年半も続けてこられたのも読者の暖かいご支援のおかげだな。改めて御礼申し上げます。それと引越しするだけですので、次講からもぜひお読みいただけるようお願いします。

Aさん―ぜひここを「お気に入り」に登録してくださいね。
あ、こういう方もいらっしゃいます↓。今後はEICネットも引っ越し先も見ないそうですよ。

EICネットでまず見るのは先生の講座です。引っ越しされたらEICネット自体見なくなると思います。当たり障りのない話など聞きたくありませんし、かといって言いたい放題のブログじゃあ読む気になりません。EICネットという制限の中で突破口を開こうという先生の話が良かったのではないかと思うのですが(チェックもかかりますし)。健康上などの問題がなければ、EICネットのためにも、先生自身のためにも再考をお願い申し上げます。

H教授―そうおっしゃらずに、独断と偏見が行き過ぎないようちゃんといままでどおりチェックも入りますし、ブログでなく大学ホームページですから、ぜひ引き続きご覧になってください。
それからEICネットには貴重な情報が満載されていますから、これからもご愛読くださるようお願いします。

Aさん―あーあ、でもとうとうこの時評、本にしようというオファーがなかったですね。印税を婚活経費に充てようと思っていたのに。アタシもぼちぼち20代後半だからなあ…。

H教授―また、年齢詐称か。
出版に関しては、恩師でもあるI先生のような方の論考でも自費出版しなければいけなかった状況だから仕方がないだろう。でもI先生のホームページによると、ようやくこのほど出版先が決まったようだ【5】

ページトップ