環境情報クイズ
砂漠化クイズコースTOPへ

解説

内陸砂漠の気候

内陸砂漠は海洋からの距離が遠く、水蒸気が運ばれず、そのために生じた砂漠で、アジア大陸内部の旧ソ連南部から中国北東部にかけて広がっています。

内陸砂漠は海洋からの距離が遠く、水蒸気が運ばれず、そのために生じた砂漠で、アジア大陸内部の旧ソ連南部から中国北東部にかけて広がっています。亜熱帯砂漠と大きく異なる点は冬季に極気団やシベリア気団に覆われて気温が著しく低くなることで「寒冷砂漠」ともよばれます。日最低気温は、アラル海付近で-42℃、アシハバードでも-26℃を記録しています。夏季の月平均気温は25から30℃、冬季の月平均気温は0から-10℃、月平均気温の年較差は30℃前後を示し、世界でも最も年較差の大きな地域の一つになっています。

前のページへ戻る

EICネット
TOP