EICネット
前のページへ戻る

環境さんぽ道

様々な分野でご活躍されている方々の環境にまつわるエッセイコーナーです。
4人のエッセイスト(青木勝、板垣真理子、山本茜、柳澤寿男)が1年間、毎月交替して登場します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

環境さんぽ道

様々な分野でご活躍されている方々の環境にまつわるエッセイをご紹介するコーナーです。

No.046

Issued: 2015.10.09

キューバと結びつく、カナリア諸島

板垣真理子(いたがきまりこ)さん

板垣真理子(いたがきまりこ)さん
 写真家、文筆家。
 アフリカ、ブラジル、キューバ、バリなど灼熱の地を愛し旅する。著書、写真集、写真展など多数。「アフリカン・ビューティ」「キューバへ行きたい」「カーニバル・イン・ブラック」など多くの読者とファンを持つ。写真の審査員や、大学、専門学校で後輩の指導にもあたる。2014年、大同生命地域文化研究特別賞受賞。HP http://orange.zero.jp/afrimari/
2015年より、キューバ在住。現地からのリポートを届けます。

 前回は、キューバの有機農業と、食の変化を想うことについて書いた。
 今回は、大西洋を渡って、アフリカ大陸にこよなく近い「スペイン」、カナリア諸島について書く。7島からなるこの諸島の、一番アフリカに近い島からアフリカまでは100キロ程度である。いきなり、カナリア? と思われるかもしれないが、実は私は今、カナリア諸島に住んでいる。住み始めて三か月が経過。その理由については後に書くとして。

サンタ・アナ大聖堂の前には、犬の像がいっぱい
サンタ・アナ大聖堂の前には、犬の像がいっぱい

カナリア独特の松。他の松は、針のような葉が2本だが、この松は3本あり、水分を貯める。環境適応の松。
カナリア独特の松。他の松は、針のような葉が2本だが、この松は3本あり、水分を貯める。環境適応の松。


 ここカナリア諸島と、キューバの関係の歴史は長く深い。あえてキューバだけではなく、キューバも含むカリブと中南米、と言っておいたほうがいいかもしれないが。というのも、以前、ここカナリア諸島から、大西洋を渡った先への移民がかなりな数あったからだ。カナリア諸島は来てみればわかるが、真水を得ることの難しい乾燥した土地柄である。現在は海水から得る水によって水道水は難なく蛇口から出てくる。ただし、飲み水としては使えないし、料理にも100%「買った水」が必要である。我が家にも、大型の飲み水のペットボトルの空き容器がずらりと並んでいる(どのくらい飲んだか観てみたいために、捨てずにいるせいである)。

 そんな場所の土地はやはり痩せていて、農業に最適な、とは言い難い場所だったため、多くの人たちがキューバやベネズエラなどに渡ったという。現在ではもちろん、農業も主産業のひとつであり、バナナやトマトが特産品だ。
 私のキューバの知人の中にも、聞いてみれば祖先にカナリアの人がいる、という人が少なからずいて驚く。
 そして、今、その逆、つまりキューバからカナリアへ移住してくる人の数もまたかなりに上っている。キューバからの海外移住は、さまざまな理由があり、なに一つ「一概に言えるもの」などないが、カリブの島国と、地図で見ればあと一歩でアフリカ、という大西洋の端っこの島とでは、かなりな距離がありながら、こうした血統だけではなく、文化的なつながりもかなり多くみられる。
 街を歩けば、「ハバナ・カフェ」があり、「マレコン・デ・ラ・ハバナ」というサルサを演奏するバーもあり、「ロミオとジュリエット」というキューバ産煙草の銘柄が描かれている壁にも出会う。ラム酒を置く店も多く、「モヒート」とキューバのカクテルの名前を言えば、訊きかえされることなくすんなりと出てくる。また、頻度はけっして多くはないけれど、キューバ独特の「アフリカ系の神様」のネックレスが、カトリック大聖堂の裏側で、さらりと売られていたりする。「これは?」と質問すると、「ああ、それはキューバの神様よ」と、これまたあっさりと答えが返ってくるのだった。
 今、キューバからこの島国への「移住」は、そうそう簡単ではなくなっている、とも聞くが、カナリア諸島は人々に知られざるキューバの飛び地のよう…といえば少し大げさか。しかし、こんな場所であるとは驚きだった。
 そもそも私がこうしてカナリア諸島に来ているのもキューバで習い始めた歌の先生がカナリア在住で、一時帰国中のキューバから、移住先のカナリアに帰ってしまったために、「もう少し習おう」と、一緒に来てしまったためである。あと少しで私は「ビザなしスペイン滞在期間の90日」が切れてしまうために、キューバに戻る予定であるが。
 カナリアのもともとの先住の人たちは、グァンチェと言う名前の、「恐らく」アフリカのベルベル系の人たちなのではないか、とされている。後に、アラブ人、ノルマン人、ポルトガル人たちがやってきて、その後、カスティーリャ王国が支配した。スペインの、中南米進出のための重要な拠点だった。かつては、マグロ漁船の仕事のために日本の人もかなり多くいた。今は、100名いるかいないか程度であるという。

 さて、主に人々の移民としての「ネイチャー」の話になってしまったが、ここは、アフリカにこよなく近い「スペイン」という特殊な土地柄だけではなく、「自然」もまた、特異である。二つの大陸、つまりは、ヨーロッパと、アフリカ大陸の北端を覆った氷河期の影響を受けなかったため、固有な生物種も多く、植物相を見る上でも重要な土地とされている。

 また、スペインにある国立公園のうち、4カ所もがカナリア諸島にある。今、私の住むグラン・カナリアには一個もないのであるが、お隣の島、テネリフェ島にあるスペイン最高峰、ティデ山は、真っ黒な火山岩の山で、異様な雰囲気も漂っていた。ティデ山は、富士山よりほんの少しだけ低い。

カナリア特有の植物。一部分を折ってでた白い液が、目に入ると失明する。しかし、口の中では薬として作用する。変わった植物である。
カナリア特有の植物。一部分を折ってでた白い液が、目に入ると失明する。しかし、口の中では薬として作用する。変わった植物である。

富士山級の高さを誇る(ほんの少し低い)ティデ山。溶岩の色が真っ黒。
富士山級の高さを誇る(ほんの少し低い)ティデ山。溶岩の色が真っ黒。


 そうだ、この島の名前にふれておかないと。日本で「カナリア」といえば、ほぼ皆が、あの黄色く可愛い鳥を思い浮かべるが、そもそもは「犬」の意味のラテン語だったという。あまりにも多くの犬がいたために、諸島の名前となったというのが一説。そして、その島にいる、「いい声で啼く鳥」をカナリアと呼ぶようになった、というわけである。もともとの種は、あの黄色ではなかったらしい。自治州であるここの、州旗の紋章にも、鳥のカナリアではなく、犬が描かれている。

「カナリア」の名前だけあって、さすがに犬をつれている人が多い。
「カナリア」の名前だけあって、さすがに犬をつれている人が多い。

いろいろな色のカナリア
いろいろな色のカナリア


風景がぼぉっと霞んでいる。サハラの風のせい。写っているのは、グラン・カナリアの有名な岩、「ロケ・ヌブロ」。すっきり晴れていれば、背景に隣の島にあるスペイン最高峰「テイデ山」がみえるはずだったが。
風景がぼぉっと霞んでいる。サハラの風のせい。写っているのは、グラン・カナリアの有名な岩、「ロケ・ヌブロ」。すっきり晴れていれば、背景に隣の島にあるスペイン最高峰「テイデ山」がみえるはずだったが。

 カナリア諸島の自然は、島によっても異なりがあるが、特徴的なのは、一年中温暖で激しい温度の差がないことである。また、アフリカ大陸に近いのに、ほぼ一年を通して涼やかな風が吹き、実際の温度よりもはるかに涼しく感じる、そういう点では過ごしやすい場所である。
 だた、なんといってもアフリカに近く。風の向きによっては、サハラからの砂風が吹いてきて、そういう日には風景がぼぉっと霞んでしまう。私がこの島に来た直後、ただ一回だけであったが、珍しく雨が降り、その雨が真茶色の砂色だったためにかなり驚いた。しかし、それはその時、一回だけである。かなり珍しいことのようだった。そもそも、年間降水量が200ミリ程度の土地である。サハラの風の吹かない日の空は「カナリアン・ブルー」とよばれる綺麗な色である。

 茶色い雨の降った朝には「ブラウン・レイン」という言葉が頭に浮かんだ。「カナリアン・ブルーと、ブラウン・レイン」。それがなにかの歌か、なにかの詩にもならないままに、もうすぐ、「キューバへ帰国」の日が近づいてきた。また、あの暑く熱いキューバが待っている。

(写真の無断転写転載を禁止します)



(記事・写真:板垣真理子)