EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
東芝、北海道の風力発電所の建て替え向けに自社ブランド... 
次の記事へ
 件数:26487件
 新着順に表示
 617-624件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.05.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 地球温暖化などの気候変動対策は、グローバルな問題として国際社会または国全体レベルで進められていますが、基礎自治体や地域コミュニティレベルにおいても環境負荷軽減の取り組みは不可欠であります。また、東日本大震災を教訓に、地域においても通常時、緊急時を問わず確保できる「自立・分散型エネルギーの導入」などによる災害に強い地域づくりが求められています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.12.28  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
東芝、北海道の風力発電所の建て替え向けに自社ブランド風車を納入、運転開始
 東芝は、風力発電所「ユーラス苫前ウインドファーム」の既設11号機の建て替え向けに、自社ブランドの風車を初めて納入した。同発電所は、風力発電会社のユーラスエナジーホールディングスのグループが北海道苫前町に保有する。使用前の自主検査を終えて12月に営業運転を始めた。東芝の出力2000kWの新型モデル「U88E」を導入した。
 ユーラスエナジーは豊田通商が60%、東京電力が40%出資する日本最大の風力発電会社で、操業している風力発電所容量は世界で累計2320MW(232万kW)に上る。ユーラス苫前ウインドファームは事業会社のユーラスエナジー苫前が運営し、1999年11月に運転を始めた。20MW(2万kW)の規模があり、今回11号機を建て替えた。
 建て替え工事で東芝は、場所の条件に合わせてタワーを最適に設計した。加えて、汎用(はんよう)性の高いつり上げクレーンを採用するため、通常は工場でナセル(機器を据え付ける入れ物)内に組み立てる発電機や増速機を別輸送・現地据え付けにした。ナセル本体を下ろすことなく交換可能になり、保守も効率化する。
 今後、風力発電所設備では、更新需要の増加が見込まれる。東芝グループは信頼性の高い機器を使った最適な設計で発電所全体の高効率化を提案して受注活動を進め、風力発電事業の拡大を図る。東芝は2011年に韓国の風力発電機器メーカー、ユニスンと資本提携して風車機器製造に参入し、日本の気象に合った風車を開発している。【(株)東芝】

記事に含まれる環境用語 |
風力発電
プレスリリース |
http://www3.toshiba.co.jp/power/whatsnew/topics/20151228/index_j.htm
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
(仮称)秋田・潟上ウィンドファーム風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見提出(国内ニュース)
三菱重工、洋上風力発電設備の合弁会社が英国プロジェクトに世界最大設備受注(国内ニュース)
コカ・コーラ復興支援基金、福島の小学校に太陽光発電システム、助成の29校目(国内ニュース)
日立製作所、三菱重工開発の2.5MWの風力発電システムでライセンス契約締結(国内ニュース)
由利大内ウィンドファーム風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見提出(国内ニュース)

ページトップへ