EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
静岡県牧之原市、小中学校の机と椅子を寄付 西アフリカ... 
次の記事へ
 件数:29411件
 新着順に表示
 285-292件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.01.12  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> その他(ごみ・リサイクル)
静岡県牧之原市、小中学校の机と椅子を寄付 西アフリカ・ガーナで再利用
 牧之原市は、市内の小中学校で不用になった教室の机と椅子260セットを西アフリカのガーナに寄付した。机と椅子は現地の学校で再利用される。
 市は2015年度から、机と椅子の老朽化や教科書の大型化に伴い、小中学校の机と椅子を1学年ずつ更新してきた。これまでは、古くなった机と椅子は業者にリサイクルを頼んでいたが、浜松市内の業者にリサイクルを依頼したところ、ガーナでの再利用を提案されたという。
 机と椅子をすべてリサイクルすると100万円以上かかるが、今回は御前崎港への輸送費など市の負担は30万円程度で済んだという。机と椅子は御前崎港から横浜港を経由し、今年2月上旬に現地に到着した。運搬の際には生徒たちが机と椅子を磨き、運び出しを手伝った。また、市内3中学校の1年生が英語のメッセージカードを添えた。
 ガーナのパーカー・アロテ特命全権大使が市役所を訪れ、「今回の寄付は子供たちの利益に直接つながる」と感謝の気持ちを述べた。杉本基久雄市長は「今後もさまざまな分野で交流を深めましょう」と話した。

記事に含まれる環境用語 |
リサイクル
プレスリリース |
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/news/ent/10059.html

ページトップへ