EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
長野県松本市、市民参加型のツバメ生態調査 身近な自然... 
次の記事へ
 件数:29306件
 新着順に表示
 5-12件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.03.22  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
長野県松本市、市民参加型のツバメ生態調査 身近な自然環境考える契機に
 松本市は、身近な自然環境を考えるきっかけにしてもらうおうと、ツバメの巣作り状況などを調べる市民参加型の調査を始めた。市民が見つけた巣の場所やツバメの種類などの情報を募集している。集まった情報などをもとに、市内を訪れるツバメの数や分布状況をまとめ、公表する。
 市によると、ツバメは春から夏にかけて子育てのため東南アジアから日本にやってくる。市内の平地では主に「ツバメ」と「イワツバメ」の2種類が確認されているという。ツバメは、のどとおでこの部分が赤く、尾が長い。イワツバメは、腰の部分が白く、尾が短い特徴がある。市はツバメの種類や寿命、巣の特徴などを市ホームページで紹介している。
 調査期間は8月31日まで。ツバメの巣を発見した日時や場所、ツバメの様子などを市に報告する。報告はEメールやファクス、郵送で受け付ける。報告用紙は市ホームページからダウンロードし、必要事項を記入して送付する。宛先は市環境部環境保全課環境保全係(〒390-8620 長野県松本市丸の内3-7)。メールアドレスはikimono@city.matsumoto.lg.jp、ファクス番号は0263-34-0400。
 
記事に含まれる環境用語 |
身近な自然
プレスリリース |
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/kankyojoho/shizen/14007420180202103628017.html

ページトップへ