EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
三重県、イオン環境財団が森づくり 松阪市で6月に5000本...
次の記事へ
 件数:29565件
 新着順に表示
 191-198件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.03.31  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | 環境一般 >> CSR
三重県、イオン環境財団が森づくり 松阪市で6月に5000本植樹
 企業などが森林保全に参加する三重県の「企業の森」制度で、イオン環境財団(千葉市)が同県松阪市で森づくりに取り組むことになり、県と同財団、松阪市の三者が森づくり宣言書に調印した。
 松阪市飯南町の市有林約4ヘクタールを整備する。最初の活動は6月16日で、市民ら約500人が参加し、ヤマツツジやクヌギ、コナラ、ヤマザクラなど12種類の苗木計5000本を植える。
 企業の森は、企業などがCSR企業の社会的責任)活動や福利厚生の一環として、植樹などの森林整備を行う取り組み。県は活動場所のマッチングや活動内容の提案を行う。今回で48件目。
 同財団は1990年に設立され、国内外で植樹や環境教育などに取り組んでいる。三重県内では大台町、四日市市、紀北町で計約2万3000本を植樹してきたが、県との協定締結は初めて。
 同財団の岡田卓也理事長は「この植樹の特徴は、地域の方が参加することで環境に関心を持ってもらうこと。多くの地域のボランティアの方に参加していただきたい」と期待を込めた。
 
記事に含まれる環境用語 |
CSR
企業の社会的責任
プレスリリース |
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0026100070.htm

ページトップへ