一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

(仮称)天神丸風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

【発表日】 2018.06.08 【情報源】 環境省 【環境一般 環境アセスメント

 環境省は、徳島県で計画されている「(仮称)天神丸風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」(オリックス株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 本事業は、徳島県美馬市、名西郡神山町及び那賀郡那賀町において、最大で総出力144,900kWの風力発電所を設置するものである。

 環境大臣意見では、
 (1) 特定植物群落及び自然度の高い植生が分布する範囲を対象事業実施区域から除外した上で、動植物及び生態系への影響について予測及び評価を行い、重要な自然環境のまとまりの分断を回避すること。
 (2)ツキノワグマ、キリシマイワヘゴ及びツルギテンナンショウについては、専門家の助言を踏まえつつ、生息範囲及び生育場所を可能な限り把握し、影響が想定される範囲を対象事業実施区域から除外すること。
 (3) 主要な眺望点からの眺望の特性、利用状況等を把握した上で、フォトモンタージュを作成し、景観への影響について予測及び評価を行い、重要な眺望景観への影響を回避又は極力低減すること。
 (4) 「剣山スーパー林道」を中心に、登山道、遊歩道、休憩所等、これらの主要な人と自然との触れ合いの活動の場の直接改変を原則回避すること
 等を求めている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース