一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「適応委員会専門家会合」及び「第27回気候変動に係るアジア太平洋地域セミナー」の結果を発表

【発表日】 2018.08.03 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 環境省は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局との共催により、「適応委員会(AC)専門家会合」及び「第27回気候変動に係るアジア太平洋地域セミナー(APセミナー)」を開催した。
 
 AC専門家会合(日程:7月24〜25日)
  ACの三ヵ年作業計画の一環として検討が位置づけられている、3つのグローバルアジェンダ(パリ協定の下での適応、SDGs、仙台防災枠組)の国レベルでの実施方法、モニタリングおよび評価(M&E)、さらにその指標の設定と活用について専門家間の理解を共有することを目的とし、協調的取組の在り方、障壁や能力構築の必要性について議論を行った。

 APセミナー(日程:7月26日)
  UNFCCCの下で行われている適応地域技術専門家会合のひとつ(Regional Technical Expert Meeting (Regional TEM))として位置づけるとともに、AC専門家会合の議論を掘り下げることを目的に、3つのグローバルアジェンダの地方レベルからグローバルレベルでの統合について、議論が行われた。

 結果詳細は、プレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース