一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース国内ニュース

妙高戸隠連山国立公園(妙高山・火打山)における入域料等に関する社会実験を10月に実施

【発表日】 2018.09.03 【情報源】 環境省 【自然環境 自然公園

 環境省は、妙高市と協力し、登山道管理の充実やライチョウとその生息環境の保全が急務となっている妙高戸隠連山国立公園(妙高山・火打山)において、入域料等の導入に向けた社会実験を実施する。
 
 良好な自然環境の保護と持続可能な利用を推進していくため、公的資金だけではなく、そこに立ち入る方からの入域料や寄付金等で自然環境保護や施設維持管理に必要な経費をまかなう必要が生じている。

 入域料の額や収受方法等の事業手法や留意点等をとりまとめて課題等を整理することも目的としている。
 
 実施期間:平成30年10月1日(月)〜10月21日(日) 5:00〜17:00


【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース