一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース国内ニュース

トヨタ、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入

【発表日】 2019.04.04 【情報源】 企業 【エネルギー 再生可能エネルギー

 トヨタ自動車株式会社は、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuelTM(シンプルフューエル)」を愛知県豊田市の元町工場に導入した。

 工場敷地内にある太陽光で発電した電力を利用して、水の電気分解により低炭素水素を製造し、さらに圧縮・蓄圧した上で、燃料電池フォークリフトに充填するまでの工程を一貫して対応できる水素ステーション。
 水素の製造量は、最大99Nm3/日(約8.8kg/日)で、燃料電池フォークリフト7台〜8台分の充填ができるとともに、サイズもコンパクトであるため、小さいスペースでも容易に設置できる。

 詳細は、プレスリリース参照。

 【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース