一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

オリックス、2020年1月よりオリックスカーシェアに燃料電池自動車を導入

【発表日】 2019.08.09 【情報源】 企業 【エネルギー その他(エネルギー)

 オリックス自動車株式会社は、東京都環境局が実施する「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV導入促進事業」において、燃料電池自動車(FCV)の事業実施者に決定されたと発表した。
 2020年1月から、トヨタの「MIRAI」を都内に36台配備・運用する予定で、「MIRAI」の導入はカーシェアリング業界では初めて。

 この事業は、東京都と事業者が共同で取り組むことによって、東京都民が気軽に、かつ手頃な料金でZEVを利用できる機会を創出し、ZEVの普及を促進することを目的としている。
 近年拡大しているカーシェアリングやレンタカー事業を通じて協業し、都民にサービスを提供する。

 ZEV(Zero Emission Vehicle)とは、走行時にCO2などの排出ガスを出さない電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)の総称。

【オリックス自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース