EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連環境計画と国連人道問題調整事務所、2017年環境・緊... 
次の記事へ
 件数:11061件
 新着順に表示
 362-369件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.09.25  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 国際環境協力
国連環境計画と国連人道問題調整事務所、2017年環境・緊急事態フォーラム開催へ
 国連環境計画(UNEP)と国連人道問題調整事務所(OCHA)の合同ユニットは、2017年環境・緊急事態フォーラム(EEF)を2017年9月26〜28日に、ケニアのナイロビで開催する。2017年EEFは「危機から機会へ:緊急事態における環境リスクを管理することで回復力を構築する」をテーマに、環境リスクと人道的危機の接点を考える。具体的な議題として、環境緊急事態への対応の備え、環境の観点を統合した人道的対応、紛争が発生した場合の環境、の3つが挙げられている。今回のEEFは、国連環境総会(UNEA)など他の国際プロセスとの連携も図り、災害廃棄物の管理に関するセッションではUNEAの大きなテーマである汚染について議論する。EEFには、政府、産業、学術、援助機関、市民社会の代表者170人以上が参加し、全体会議とグループ討議のほか、展示スペースやステージで参加団体のプロジェクトや事例研究、訓練用教材の展示やプレゼンテーションも予定されている。またフォーラム初日には、グリーンクロスインターナショナル、UNEP、OCHAによるグリーンスター賞(GSA)の表彰式も行われる。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
環境リスク
国連環境計画
廃棄物
プレスリリース |
http://www.unep.org/newscentre/2017-environment-and-emergencies-forum-raises-debate-environmental-risk-and-emergencies

ページトップへ