EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界気象機関など、持続可能な開発を促進する気象・海洋... 
次の記事へ
 件数:11061件
 新着順に表示
 322-329件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.25  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
世界気象機関など、持続可能な開発を促進する気象・海洋学者の会合を開催へ
 世界気象機関(WMO)は、ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)と共に、2017年10月25〜29日にジュネーブで合同海洋・海上気象専門委員会(JCOMM)の会合を開催する。持続可能性という国際的課題で海洋が果たす役割や、人間活動が海洋の健全性に及ぼす悪影響について認識が高まっている。極端気象への対処、海洋の健全性、持続可能な海洋資源などの応用や社会経済的ニーズに応えるには、原位置および衛星からの地球規模海洋観測システムが不可欠である。会合では、気候変動と海洋の関係を把握するための気象・海洋観測システムとサービスの進歩や改善方法を協議する。また、JCOMM海洋観測システム報告カードが初めて導入される。これは、世界各地の海洋観測システムの状態と機能を比較可能な統一化したかたちで報告するもので、毎年公表されるという。2021〜2030年に、IOCは効果的な海洋管理、保全、持続可能な開発に寄与する海洋科学の連携を築く「持続可能な開発のための海洋科学の国際10年」を実施する。【世界気象機関
記事に含まれる環境用語 |
ユネスコ政府間海洋学委員会
気候変動
持続可能な開発
世界気象機関
プレスリリース |
https://public.wmo.int/en/media/press-release/meteorologists-and-oceanographers-join-forces-sustainable-development-agenda

ページトップへ