EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、アメリカ領サモアの環境保護に1070... 
次の記事へ
 件数:11180件
 新着順に表示
 335-342件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.01.24  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
アメリカ環境保護庁、アメリカ領サモアの環境保護に1070万ドル提供
 アメリカ環境保護庁(EPA)の太平洋岸南西部地域管区(地域9)は、アメリカ領サモア環境保護局(AS-EPA)に人の健康と環境を保護する能力強化のため230万ドル、同電力局(ASPA)に水インフラプロジェクトのため840万ドルを提供すると発表した。AS-EPAは、大気、水、土壌の検査支援、汚染地浄化、燃料貯蔵タンクの点検等にEPA資金を利用するほか、アメリカ領サモア全住民の飲料水確保、河川の水質改善やサンゴ礁保全、離島全体での発電を100%再生可能エネルギーにするための太陽光発電・蓄電池システムの追加設置によるオフ島、オロセガ島でのディーゼル排気削減、農業従事者の適正な農薬使用への技術支援等が優先的に対象になるとしている。一方、ASPAへのEPA水質浄化・安全飲料水州回転基金プログラム(飲料水・廃水のインフラ整備支援)による今年度の拠出金は、新規井戸の飲料水システムへの接続、送水管改良、下水管延長等のプロジェクトが助成対象となり、従来の水煮沸勧告の解除など飲料水の水質向上が見込まれるとしている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
サンゴ礁
河川
再生可能エネルギー
太陽光発電
プレスリリース |
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-awards-107-million-american-samoa-environmental-protection

ページトップへ