EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
中南米諸国、森林再生への国際気候資金の割り当て増額を要請
次の記事へ
 件数:10983件
 新着順に表示
 12-19件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.04.26  情報源 | 研究機関  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
中南米諸国、森林再生への国際気候資金の割り当て増額を要請
 中南米・カリブ地域8か国の環境大臣らは、同地域の劣化した土地や森林の再生に取り組む地域パートナーシップ「イニシアティブ20x20」の年次会合で、森林や土地の再生・保全活動に充てる公的気候資金を増やすよう求めた。森林の再生と保全は、温室効果ガスの排出を抑えるうえで極めて費用対効果の高い方法で、中南米地域は低炭素経済への移行には大きな役割を担っている。この地域で2050年までに炭素中立を実現するために必要な排出削減量の60%は森林の再生と保全によるとする研究もある。しかし世界の2016年の公的気候資金1410億ドルのうち土地利用にかかわる分野に投じられたのは2%弱、森林再生に充てられた金額はさらに少ない。ペルーの農業灌漑大臣は、「中南米の森林再生活動の長期的持続可能性は、民間投資を引き付ける力にかかっている。世界の気候資金がかかわることで、このプロセスが加速できる」としている。今回の会合では、閣僚らが投資家や企業、パートナー機関とともに同イニシアティブの進捗を振り返った。これまでの前進に政府の政策形成と障害解決への努力が推進力となっているという。【世界資源研究所
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
世界資源研究所
炭素中立
プレスリリース |
http://www.wri.org/news/2018/04/release-government-ministers-across-latin-america-and-caribbean-call-big-increase

ページトップへ