一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース海外ニュース

国際エネルギー機関、再生可能エネルギー統合のため柔軟な電力システムへの対策が必要と報告

【発表日】 2018.05.24 【情報源】 国際機関 【エネルギー 再生可能エネルギー

 国際エネルギー機関(IEA)は、再生可能エネルギーの普及に伴い、発電量の変動性を許容する柔軟な電力システムを構築するための対策が必要だと報告した。太陽光を中心とする出力変動型再生可能エネルギー(VRE)の導入が急増するなか、VREを安定的かつ低コストで管理するため、電力システムの柔軟性を高めることが新たな課題となっている。VREの統合には、屋上設置型ソーラーパネルなどの分散型発電技術、電気自動車、デジタル化の進歩も考慮する必要がある。IEAによると、柔軟性向上のために必ずしも大規模投資は必要なく、発電所の操業方法を低コストで改善する多様な選択肢がある。堅牢なスマートグリッドや需要側の対応、コスト効果の高い電力貯蔵も柔軟性に寄与する。電力システムの改革では、個々の発電所の収益性を保護するため政策措置も必要となる。IEAはこの報告で、中国、デンマーク、ドイツ、インドの事例を含め、VREを統合した電力管理の方法をまとめている。【国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース