EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス政府、国立公園のレビューを開始      
次の記事へ
 件数:11022件
 新着順に表示
 16-23件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.05.27  情報源 | イギリス  カテゴリ | 自然環境 >> 自然公園
イギリス政府、国立公園のレビューを開始
 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、初の国立公園制定からおよそ70年、国立公園と特別自然景観地区(AONB)についての新たなレビューを開始する。レビューは、現在の保護や地理的範囲の縮小を意図するものではなく、指定された地域でいかに野生生物が増加し、自然の生息地が回復するか、またいかに自然と人間を結び付けられるかに焦点を当てる。さらにこれらの地域へのアクセスを改善する方法や、そこで暮らす人々を支援する方法、地域経済の成長における国立公園やAONBの役割についても調査する。審査は独立した委員会が行い、21世紀のニーズを満たしているかを判断する。現在イギリスには、国立公園10ヵ所とAONBが34ヵ所あり、国内外から年間2億6000万人超が訪れている。これらの地域は、地域経済に200億ポンド以上の利益を生み、7万5000の雇用も創出している。レビューの実施は、イギリス政府の「25カ年環境計画」の重要な目標の1つであり、自然と人々を結びつけ、野生生物の繁栄を促進させることによって、世代を超えた環境改善のためのビジョンを示すものである。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
景観地区
国立公園
プレスリリース |
https://www.gov.uk/government/news/national-parks-review-launched

ページトップへ