EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カナダ連邦・州・準州政府、自然保護の協力強化で合意  
次の記事へ
 件数:11063件
 新着順に表示
 10-17件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.06.28  情報源 | カナダ  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
カナダ連邦・州・準州政府、自然保護の協力強化で合意
 カナダの連邦・州・準州の自然環境担当大臣ら(自然公園、保護地域、自然保護、野生生物、生物多様性)は2018年6月28日、カナダの自然と生物多様性を守るため協力を進めることに合意、自然遺産宣言として発表した。
 その内容として、カナダの生物多様性を守るための取組「ターゲット1への経路」での協力を継続し、そのために保護・保全地域ネットワークの拡充、各種の基準とツールの活用等を図るとしている。ターゲット1は、カナダの生物多様性戦略の19の目標の一つで、2020年までにカナダの陸地と陸水の少なくとも17%以上を保護することを目指している(現在は10.55%)。
 2018年連邦政府予算では、カナダ自然基金に今後5年で5億ドルを計上した。これに州、準州、財団等による同額資金を合わせ、自然保護関連資金として10億ドルが見込まれる。宣言では、この資金によって保護・保全地域の新設、自然地域や絶滅危惧種保護のための研究・管理活動を進めるほか、全国規模の助言委員会を設置して外部協力やカナダ自然基金の長期方針を策定するとしている。【カナダ環境・気候変動省】
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
自然遺産
自然公園
自然保護
生物多様性
絶滅危惧種
陸水
プレスリリース |
https://www.canada.ca/en/environment-climate-change/news/2018/06/federal-provincial-and-territorial-ministers-meet-to-advance-cooperation-to-protect-nature.html
関連情報 |
関連リンク
背景説明資料

ページトップへ