EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、2018年上半期の再エネ発電量を公表。前年比で10... 
次の記事へ
 件数:11331件
 新着順に表示
 213-220件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.08.17  情報源 | ドイツ  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
ドイツ、2018年上半期の再エネ発電量を公表。前年比で10%増。
 ドイツ連邦環境庁(UBA)は、2018年上半期における再生可能エネルギーによる発電量が、前年の同時期と比較してほぼ10%多い1170億キロワット時となったことを公表した。これは、再生可能エネルギー統計ワーキングループ(AGEE-Stat)が示したもので、好調な背景には、特に、ここ数年、目標を上回るペースで導入が進められている風力エネルギーの増加に起因してるという。風力発電設備の新規建設数は若干減少したものの、風況が例年を上回ったことから、相殺されたとしている。太陽光発電設備の建設も若干増加しており、数年ぶりに、目標導入量である年間2400メガワットから2600メガワットの導入量が達成されている。連邦政府は、2030年までに再生可能エネルギーによる発電量を全体の65%にまで増加させることを目指しているが、この目標を達成するためには、風力発電太陽光発電を、それぞれ、少なくとも年間4500メガワットの容量を導入してく必要があると、連邦環境庁は試算している。【ドイツ連邦環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
再生可能エネルギー
太陽光発電
風力エネルギー
風力発電
プレスリリース |
https://www.umweltbundesamt.de/presse/pressemitteilungen/rekordhalbjahr-fuer-erneuerbare-energien

ページトップへ