EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ シュトラウビング市の自転車交通インフラ整備に2...
次の記事へ
 件数:11290件
 新着順に表示
 97-104件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.10.12  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
ドイツ シュトラウビング市の自転車交通インフラ整備に250万ユーロを拠出
 ドイツ連邦環境省は、国家気候イニシアティブの枠組みで、シュトラウビング市の自転車交通インフラストラクチャーの整備に250万ユーロを拠出することを公表した。シュトラウビング市は、これにより、自転車道の改善、魅力的な自転車ルートづくり、公共の自転車レンタルシステムを構築するとしている。ドイツ連邦環境省は、2016年以降、連邦コンテスト「自転車交通による気候保護」を通じて、自転車交通状況を改善する模範的なプロジェクトを支援してきた。これにより、温室効果ガスの排出量の削減だけでなく、地域における生活の質の改善にもつながるとしている。これまで、38の単独プロジェクトと18の連携プロジェクトに対し、約8500万ユーロを支援している。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
プレスリリース |
https://www.bmu.de/pressemitteilung/straubing-erhaelt-25-millionen-euro-fuer-den-ausbau-des-radverkehrs/

ページトップへ