EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ ドイツ徒歩交通戦略の概要を提示      
次の記事へ
 件数:11217件
 新着順に表示
 17-24件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.10.10  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
ドイツ ドイツ徒歩交通戦略の概要を提示
 ドイツ連邦環境庁は、ドイツ徒歩交通戦略の概要を示した。これは、10月12日にベルリンで開催される第2回ドイツ徒歩交通会議の場で紹介され、連邦政府、州政府、自治体それぞれの代表者によって議論される。ドイツ連邦環境庁は、ドイツ徒歩交通戦略により、より多くの人々が徒歩交通を選択し、徒歩交通がさらに安全でバリアフリーになることを目指す。ドイツでは、歩行者は、排気ガスや騒音、さらに事故の危険性に悩まされている一方で、自動車による移動の5分の1は2キロメートル未満の距離であるとする調査結果が示されており、これらの移動のほとんどは徒歩での移動が可能であると指摘されている。連邦環境庁は、徒歩交通をより魅力的にするために、テンポ30(速度30キロメートル制限)の導入や徒歩交通に敵対する行為に対する罰金の増額、開発計画における徒歩交通に関する規定の導入といった対策を進めていくとしている。ドイツ全体では、2030年までに、移動における徒歩交通の割合を、都市部で41%、農村部で35%に増やすことを目指している。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
騒音
プレスリリース |
https://www.umweltbundesamt.de/presse/pressemitteilungen/fussverkehr-staerken-umwelt-schonen-staedte

ページトップへ