EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州環境庁、2017年のEU温室効果ガス排出量は若干増加と報告
次の記事へ
 件数:11217件
 新着順に表示
 8-15件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.10.26  情報源 | EU  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
欧州環境庁、2017年のEU温室効果ガス排出量は若干増加と報告
 欧州環境庁(EEA)は、EUの温室効果ガス(GHG)排出の動向と予測に関する年次報告書で、2017年にEUのGHG排出量は主に輸送部門の排出増により若干増加した(前年比0.6%増)とする暫定値を報告した。2017年の排出量は1990年比では21.9%減だった。2020年までに1990年比20%削減という目標は達成できる見込みだが、2030年までに1990年比で40%削減という新目標を達成するには緊急に対策を強化する必要があるという。
 報告によると、2017年に排出が増加した主な原因は、石油の消費増加による道路輸送部門の排出増にある。EU域内排出量取引制度(EU-ETS)では、固定排出源からの排出量は前年比0.2%増だった。一方、EUの「努力を共有する規則」の対象である非ETS部門(輸送、建築、農業、廃棄物など)の排出は主に道路輸送部門の排出増により3年連続で増加した。
 新目標に向けた進捗状況は大半の加盟国で不十分で、現行の国の政策では2020年以降、ETS部門・非ETS部門ともに削減が減速すると予測される。2030年のEU全体の排出量は、現行の緩和策では1990年比30%減、現在計画中の緩和策を追加しても32%減に留まり、努力共有規則に基づく国別の2030年目標を達成できるのは6カ国のみだという。【欧州環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
廃棄物
排出量取引
プレスリリース |
https://www.eea.europa.eu/highlights/increase-in-eu-greenhouse-gas
関連情報 |
関連リンク
EU「努力を共有する規則」について

ページトップへ