一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 世界における産業用バッテリーセルの供給拡大を目指すことを公表

【発表日】 2018.11.13 【情報源】 ドイツ 【エネルギー その他(エネルギー)

 ドイツ連邦経済エネルギー省のアルトマイアー大臣は、ベルリンで開催された「電気自動車ネットワーク会議」において、ドイツおよびヨーロッパにおける産業用バッテリーセルの生産を促進することを目的とした論点を公表した。ここでは、2030年までに、世界におけるバッテリーセルの需要の30%をドイツ製、ヨーロッパ製で供給することを目標として掲げられている。これを実現するために、連邦経済エネルギー省は、2021年までに10億ユーロを拠出するとしている。さらに2018年末から2019年初めにかけて、ドイツで最初のバッテリーセルのコンソーシアムの設立を予定しており、現在、コンソーシアムへの参加を求める企業間の利害関係の調整が行われている。【ドイツ連邦経済エネルギー省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース