EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス環境・食糧・農村地域省、学術研究上重要地域の... 
次の記事へ
 件数:11424件
 新着順に表示
 107-114件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.22  情報源 | イギリス  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
イギリス環境・食糧・農村地域省、学術研究上重要地域のプール・ハーバー保護区を拡張
 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、イングランド南西部のドーセット州に位置するプール・ハーバーの学術研究上重要地域(SSSI)を1800ヘクタール拡張し、プール・ハーバー一帯を保護区にすると発表した。同地は潮下帯域を含むものとしては初のSSSIとなり、世界的に絶滅が危惧されるアジサシの採餌場の保護にもつながるという。プール・ハーバーの浅瀬には海藻類が繁茂し、又ホヤやハオリムシなどの海洋種も多い。さらに、沿岸に広がる塩性沼沢や干潟は、ヘラサギやオグロシギといった多数の絶滅危惧種の重要な繁殖地になっているほか、盛んな貝漁を支え、洪水防御や水の浄化に役割を果たし、観光やレクリエーションにも貢献しているという。プール・ハーバー周辺には、低地ヒースが自生するラムサール条約湿地のドーセット・ヒースや、海洋保全ゾーン(MCZ)のプール・ロックスもあり、今回の措置によって自然保護区のネットワークが拡充されるという。同国は25カ年環境計画において自然保護区のネットワーク強化を掲げている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
ラムサール条約
干潟
自然保護
絶滅危惧種
藻類
繁殖地
プレスリリース |
https://www.gov.uk/government/news/strengthened-protection-for-poole-harbours-unique-range-of-wildlife
関連情報 |
関連リンク
ラムサール条約事務局 条約湿地情報サービス

ページトップへ