EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連環境計画、第3回アジア太平洋地域大臣・環境当局フォ...
次の記事へ
 件数:11424件
 新着順に表示
 106-113件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.23  情報源 | 国連  カテゴリ | 環境一般 >> その他(環境一般)
国連環境計画、第3回アジア太平洋地域大臣・環境当局フォーラム開催へ
 国連環境計画(UNEP)は、2019年1月23〜25日にシンガポールで大臣・環境当局フォーラムを開催する。UNEPのアジア太平洋地域の全加盟国である41か国が参加し、首脳級の参加も過去2回を上回るとみられる。UNEPは、これは国境を越えてアジア太平洋地域の環境課題に取り組もうとする各国の強い意思の表れだとしている。フォーラムは、世界の中でも成長著しい同地域が抱える環境問題を議論し、優先課題と解決策を見出そうとするもので、この議論は、次の国連環境総会に届けられる。フォーラムはUNEPの下、シンガポールの環境・水資源省(MEWR)が開催する。フォーラムに合わせ、環境対策とその進展を示す展示や、様々な重要課題、たとえば青年や女性の環境目標達成への参加、電気による輸送、グリーン金融の促進、プラスチック汚染の削減、気候変動の影響への適応などに関する対話の場も設けられるという。UNEPは環境総会に先だち、消費・生産モデルの環境コストを伝える世界規模のキャンペーン(#SolveDifferent)を進めているが、このキャンペーンで取り上げられるいくつかのアプローチもフォーラムの話題になるという。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
国連環境計画
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/41-countries-meet-singapore-3rd-forum-ministers-and-environment

ページトップへ