一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカエネルギー省、太陽光発電の初期研究開発に1億3000万ドル助成

【発表日】 2019.03.26 【情報源】 アメリカ 【エネルギー その他(エネルギー)

 アメリカエネルギー省(DOE)は、最新太陽エネルギー技術の初期段階研究開発プロジェクトに、同省太陽エネルギー局の資金提供プログラムから1億3000万ドルを助成する。低価格で安定したエネルギーシステムを確立し、同国の経済成長とエネルギー安全保障を強化することを目的に、以下の5領域に助成する。1)太陽光発電(PV)研究開発(2600万ドル)、PVコストの半減を目的に、高性能化や材料・製造費削減に取り組む。2)集光型太陽熱発電(CSP)研究開発(3300万ドル)、季節や時間帯を問わず電力供給を可能にし、2030年までにキロワット時(kWh)当たり0.05ドルの価格実現を目指す。3)ソフト面のコスト削減(1700万ドル)、サイトの選定や認可、資金動員や法令順守など、太陽光発電システムに伴うソフト面のコストを軽減する。4)製造イノベーション(1000万ドル)、国の太陽光発電製造部門の発展に寄与する製品コンセプトの商業化を支援する。5)太陽光電力システム統合(4400万ドル)、低コストかつ安定した方法で太陽光電力を電力網に統合するのを支援する。【アメリカエネルギー省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース