一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連気候変動枠組条約など、温室効果ガスインベントリ研修プログラムの参加者を募集

【発表日】 2019.04.15 【情報源】 国連 【地球環境 地球温暖化

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)と韓国温室効果ガスインベントリ・研究センター(GIR)は、気候に関する行動と支援の透明性に関する専門家研修プログラムの参加者募集を開始した。プログラムは2019年7月22日から4週間にわたり韓国で実施し、往復の旅費と生活費は給付される。これは途上国の専門家の温室効果ガスインベントリに関する測定、報告、検証の能力向上を目的とするもので、気候行動・支援透明性研修(UNFCCC-CASTT)イニシアティブの一環である。UNFCCC-CASTTは、2017年から実施されており、2018年は、応募した72か国の210人から30人が選抜された。UNFCCC-CASTTは3つのパッケージからなり、今回中心的に扱うパッケージ3では、パリ協定透明性枠組みを科学的・技術的に適切に実施する方法を学ぶ。パッケージ1は、透明性枠組みの実施のための政策環境、パッケージ2は、政策的方針を管理と実施の決定および行動に変換する方法について扱う。【国連気候変動枠組条約

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク