EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連気候変動枠組条約など、温室効果ガスインベントリ研... 
次の記事へ
 件数:11453件
 新着順に表示
 22-29件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.04.15  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
国連気候変動枠組条約など、温室効果ガスインベントリ研修プログラムの参加者を募集
 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)と韓国温室効果ガスインベントリ・研究センター(GIR)は、気候に関する行動と支援の透明性に関する専門家研修プログラムの参加者募集を開始した。プログラムは2019年7月22日から4週間にわたり韓国で実施し、往復の旅費と生活費は給付される。これは途上国の専門家の温室効果ガスインベントリに関する測定、報告、検証の能力向上を目的とするもので、気候行動・支援透明性研修(UNFCCC-CASTT)イニシアティブの一環である。UNFCCC-CASTTは、2017年から実施されており、2018年は、応募した72か国の210人から30人が選抜された。UNFCCC-CASTTは3つのパッケージからなり、今回中心的に扱うパッケージ3では、パリ協定透明性枠組みを科学的・技術的に適切に実施する方法を学ぶ。パッケージ1は、透明性枠組みの実施のための政策環境、パッケージ2は、政策的方針を管理と実施の決定および行動に変換する方法について扱う。【国連気候変動枠組条約
記事に含まれる環境用語 |
温室効果
気候変動枠組条約
途上国
プレスリリース |
https://unfccc.int/news/apply-now-for-training-on-greenhouse-gas-inventories
関連情報 |
関連リンク
UNFCCC-CASTTの詳細

ページトップへ