一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 中小企業における気候保護をさらに強化

【発表日】 2019.04.17 【情報源】 ドイツ 【地球環境 その他(地球環境)

 ドイツ連邦環境省は、ドイツ連邦経済省、ドイツ商工会議所(DIHK)、ドイツ手工業会議所(ZDH)と共同で実施している「中小企業イニシアティブ・エネルギーシフトと気候保護」において、今後、デジタル化やモビリティ、専門知識の拡大といった課題に取り組みを拡大していくことを公表した。ここでは、「気候保護の報告のデジタル化」や「企業におけるEMAS」を進める。さらに、「事業所内のモビリティマネジメント」の拡張やモビリティウィークの導入により、企業における持続可能なモビリティへの取り組みを促進する。また、既に6000人以上の職業訓練生が企業において気候保護プロジェクトに従事してきたが、今後、さらにこの傾向を促進するために地域の職業学校と共同で気候保護デーを実施し、さらに多くの職業訓練生の気候保護への意識を高める。「中小企業イニシアティブ・エネルギーシフトと気候保護」は、ドイツ連邦環境省の国家気候保護イニシアティブと連邦経済エネルギー省のエネルギー効率基金によって助成されているプロジェクトであり、2013年以降、様々なプロジェクトやイベントを実施し、中小企業のエネルギー効率や気候保護を進めてきた。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース