一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「持続可能な発展のあらゆる面で水が重要」 第4回世界水フォーラム閣僚宣言

【発表日】 2006.03.23 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 2006年3月17日から22日にかけて、メキシコで開催された第4回世界水フォーラムは、最終日に閣僚級国際会議で閣僚宣言を採択し、閉幕した。
 今回の世界水フォーラムには141か国から1万9,000人が参加。約150の分科会が開催され、とりわけ3月20日開催のアジア・太平洋閣僚会議では、アジア・太平洋地域に共通した水問題を話し合うための「アジア・太平洋地域水フォーラム」の設立を含む共同メッセージも採択された。
 また3月21・22日に開催された閣僚級会議でまとまった閣僚宣言は、「貧困と飢餓の撲滅、災害縮小、環境の持続性と保護の達成など、持続可能な発展のあらゆる面において、水が重要であることを再確認した」、「さまざま利害関係者の連携・協力が水に関する課題を解決し、目標を達成するための重要な要素である」などの内容を盛り込んだもの。
 分科会の1つ「水アカウンティングと情報プラットフォーム」を主催した環境省の代表団は、水環境保全に関する連携、情報共有の重要性が再認識されたとして、今後、健全な水循環確保に向けた総合的な取組みとともに、水環境保全に関する情報共有・活用について施策を進めていくとの所感を閉幕に際し、発表した。【環境省】
 

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク