EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
地球温暖化対策推進法施行令改正へ 温室効果ガス排出量算...
次の記事へ
 件数:29885件
 新着順に表示
 20896-20903件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2006.03.23  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
地球温暖化対策推進法施行令改正へ 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の細則を規定
 平成18年3月24日開催の閣議で「地球温暖化対策の推進に関する法律地球温暖化対策推進法)施行令」改正案が閣議決定される見込みとなった。
 今回の改正は、17年6月公布の「改正・地球温暖化対策推進法」に盛り込まれている温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度(注1)の導入に向け、温室効果ガスの排出量を報告しなければならない事業者の範囲、排出量の算定方法などを定めたもの。
 排出量報告が課される事業者を、(1)省エネ法でエネルギー使用量の報告義務がある、第一種・第二種エネルギー管理指定工場の設置者、特定貨物輸送事業者、特定荷主、特定旅客輸送事業者、特定航空輸送事業者、および(2)二酸化炭素以外のエネルギー起源の温室効果ガス排出量が二酸化炭素換算で3,000トン以上あり、従業員数21人以上の事業所−−と規定。 また、事業者が報告する「温室効果ガス算定排出量」の算定方法の骨格を示すとともに、政府・自治体が公表することとなっている「温室効果ガス総排出量」の算定方法を見直した。
 なお、電気の使用に関する二酸化炭素排出係数について、環境省は当初、供給側の電気事業者を既存の電力10社とそれ以外の事業者の2グループに分け、それぞれの平均的係数を定める案を想定していたが、排出量算定・報告・公表制度案の意見募集結果を反映させた結果、最終的には供給事業者にかかわらず、すべての電気の排出係数を「1キロワット時あたり0.555kg−CO2」に設定。ただし、「1キロワット時あたり0.555kg−CO2」を下回る供給事業者ごとの係数が国から公表された場合には、その数値を利用することができるとした。
 この施行令改正案は18年4月1日から施行される見込み。

(注1)対象事業者が毎年度・事業所ごとの排出量を毎年6月末までに所管大臣に報告し、各大臣が所管事業所の報告を集計、さらに環境・経済産業大臣が各大臣からの通知に基づき、総合集計とその結果公表−−を行うとした制度。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
省エネ法
地球温暖化対策の推進に関する法律
地球温暖化対策推進法
二酸化炭素
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=6982
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
意見募集開始 排出量算定・報告・公表制度のうち、報告・情報処理関連の政省令概要案 (EICネット 国内ニュース)
意見募集開始 温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度の細目定める政省令概要案 (EICネット 国内ニュース)
企業のCO2排出量算定・報告・公表制度が創設へ 地球温暖化対策推進法改正案 (EICネット 国内ニュース)
改正省エネ法施行令が閣議決定の見込み 規制輸送事業者の裾切り基準など設定 (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
環境省 地球温暖化国内対策

ページトップへ