EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
18年度エコドライブ管理システム導入支援 583事業... 
次の記事へ
 件数:29504件
 新着順に表示
 20116-20123件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2006.06.01  情報源 | 国土交通省  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
18年度エコドライブ管理システム導入支援 583事業所への導入をNEDOに申請へ
 トラック・バス・タクシー事業者向けに平成18年度に実施される、エコドライブ管理システム(EMS)導入支援事業で、NEDOの審査を受ける事業者が固まり、18年6月1日に国土交通省が公表した。
 この事業は、エコドライブ管理システム用機器(デジタル式運行記録計、分析ソフト、カードリーダー)の導入費の3分の1を国が補助するもので、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のエネルギー使用合理化事業者支援事業の補助制度を活用している。
 18年度は、国が認めた「事業実施主体(財団法人運輸低公害車普及機構)」が補助を受けて整備したEMS用機器をリースする事業を17年度に引き続き実施するほか、EMS用機器を事業者が買取る場合にも、新たに補助が受けられる。
 ただし、買取りで補助を受けようとする事業者は、みずから「事業実施計画」を作成し、国土交通省の認定を受けた上で、NEDOに補助申請をすることが必要とされていた。
 6月1日の公表内容によると、買い取り方式のEMS用機器導入についての「補助実施計画」への認定を受けたのは18社30事業所(トラック9事業所、バス18事業所、タクシー3事業者)で、導入機器の数は事業所用機器が27台、 車載器が1,817台(トラック471台、バス1,113台、タクシー233台)。補助申請予定額は1億2,019万円にのぼった。
 一方、リース事業については「事業実施主体」である(財)運輸低公害車普及機構がリース先をとりまとめた「補助実施計画」を作成し、認定されたが、「計画」にもとづくリース先は、372社553事業所、リース台数は事業所用機器520台、 車載器1万2,237台(トラック1万571台、バス751台、タクシー915台)、補助申請予定額9億7,569万円分だとしている。【国土交通省】
記事に含まれる環境用語 |
エコドライブ
新エネルギー
低公害車
プレスリリース |
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/09/090601_.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
トラック・バス・タクシー事業者向けに、18年度エコドライブ管理システム導入支援事業開始へ (EICネット 国内ニュース)
国交省・経産省がトラック事業者を対象にしたエコドライブ管理システム普及事業実施へ (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
財団法人 運輸低公害車普及機構 18年度EMS普及事業
財団法人 運輸低公害車普及機構 環境にやさしい運転のすすめ
NEDO エネルギー使用合理化事業者支援事業

ページトップへ