一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

改正容器包装リサイクル法成立受け、キャンペーン展開へ

【発表日】 2006.06.22 【情報源】 環境省 【ごみ・リサイクル リサイクル

 改正容器包装リサイクル法が2006年6月9日に成立し、同15日に公布されたことを受け、環境省は容器包装廃棄物の3R(注1)推進キャンペーンを展開していくことを決めた。
 この改正法には、(1)環境大臣が委嘱する「容器包装廃棄物排出抑制推進員」による排出抑制の取組み調査、消費者への助言の実施、(2)容器包装を一定量以上利用する事業者に対する排出抑制取組み状況報告の義務付けと、不十分な取組みへの勧告・公表・命令の実施、(3)市町村の分別収集・選別保管費用の一部を事業者が負担する仕組みの創設、(4)再商品化の義務を果たさない「ただ乗り事業者」への罰則強化、(5)廃ペットボトルの国外流出などの現象に対処するための円滑な再商品化に向けた国の方針の明確化−−などが盛り込まれている。
 キャンペーンでは、(一)「容器包装廃棄物排出抑制推進員」の愛称募集、(二)「立川市総合リサイクルセンター」での容器選別作業の実演、第9回全国リサイクル商店街サミット春日井大会への参加など、小池大臣を先頭にした容器包装廃棄物の3R広報啓発事業、(三)容器包装廃棄物の3R推進モデル事業、(四)容器包装の3R推進に関する表彰制度の創設−−などに取組む予定。

(注1)3Rは廃棄物の発生抑制(リデュース)、資源・製品の再使用リユース)、再生利用リサイクル)のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク