EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
道路で迷惑に感じていること「ポイ捨て」が最多に 道路... 
次の記事へ
 件数:28666件
 新着順に表示
 18505-18512件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2006.10.23  情報源 | 内閣府  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
道路で迷惑に感じていること「ポイ捨て」が最多に 道路に関する世論調査
 内閣府が全国20歳以上の男女3,000人を対象に行った道路に関する世論調査結果が平成18年10月23日までにまとまった。
 この調査は、道路整備・管理にかかる財源・負担、今後の道路整備−−などに対する国民の関心・意識を調べたもので、18年7月13日から7月23日にかけて、個別面接聴取方式で実施。有効回答は1,801人分(60.0%)だった。
 調査項目は、(1)渋滞、(2)交通安全、(3)防災、(4)環境、(5)ネットワーク、(6)空間機能、(7)ITS、(8)維持管理、(9)財源、(10)高速道路の料金、(11)施策ニーズ−−の11項目。
 このうち環境問題に関連して、住まいの近くにある道路で迷惑に感じていることを聞いた質問(複数回答可)では、「ゴミなどのポイ捨て」をあげた人の割合が32.8%と最も高く、「交通事故の危険(29.4%)」、「騒音(27.9%)」、「振動(14.4%)」、「大気汚染(13.4%)」などが続いた。
 都市規模別に見ると、「ゴミなどのポイ捨て」、「交通事故の危険」をあげた人の割合は中都市で、「振動」、「大気汚染」をあげた人の割合は大都市で高くなっていた。
 騒音など、自動車による迷惑をなくすために、どのような対策が必要か聞いた質問(複数回答可)では、「低公害車の普及促進(53.0%)」と答えた人が突出して多く、「公共交通機関の利用促進(27.2%)」、「バイパス・環状道路建設による市街地迂回(23.4%)」、「夜間の大型車等の走行の禁止または制限(21.3%)」、「幹線道路などへの防音壁・植樹帯設置(20.8%)」などを引き離していた。
 また自動車から排出される二酸化炭素削減のためにどのようなことが重要か聞いた質問でも、「二酸化炭素の排出が少ない車の普及促進(63.3%)」をあげた人が最も多く、「緑化推進による二酸化炭素吸収(41.7%)、「アイドリングストップなど、自動車の使い方の工夫促進(40.1%)」、「渋滞解消(34.8%)」などを大きく上回っていた。【内閣府】
記事に含まれる環境用語 |
アイドリングストップ
振動
騒音
大気汚染
低公害車
二酸化炭素
プレスリリース |
http://www8.cao.go.jp/survey/h18/h18-douro/index.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
国交省、自動車からのC02削減に向け「エコロード・キャンペーン」を展開へ (EICネット 国内ニュース)
「エコドライブ実践」は約7割 国土交通分野での環境意識調査結果 (EICネット 国内ニュース)
毎日の暮らしの工夫で環境保全を 17年度環境問題に関する世論調査結果 (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
国土交通省総合政策局 環境ポータルサイト 運輸部門における対応
内閣府 世論調査のページ

ページトップへ