一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス 動物福祉戦略について協議をスタート

【発表日】 2006.11.28 【情報源】 イギリス 【自然環境 その他(自然環境)

 政府と動物福祉関連団体が新たな関係を築きつつ、動物福祉の改善を目指す戦略案が、11月28日に発表された。この「動物福祉実行戦略」は、動物に対する社会の理解と知見の増大と、さらに法律により設定される基準を超えた動物福祉の改善を目的とするもの。
 食品ラベルに動物の福祉に関する情報を記載して、消費者が商品を選べるようにするなど、革新的な対策に加え、将来、国際法や条約に盛り込まれそうな国際的動物福祉基準について合意を形成していくこと などが提案されている。今回の戦略が目指す5つの主要目的は以下のとおり。
●動物飼育者の教育・訓練の質や範囲を改善すること。
●動物飼育者にあまり負担がかからないようにしながら、動物を十分保護できるよう、福祉規定を執行すること。
●動物製品の製造過程における、動物の福祉に関する情報を、消費者にわかりやすく、統一された形で提供する。
●動物の福祉に関する国際基準の合意に向けて行動する。
動物福祉基準の実施状況を把握するシステムを構築する。
 戦略案の協議には、12週間の意見募集期間が設けられている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク