EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス テムズ川クリーンアップ・プロジェクトを発表  
次の記事へ
 件数:10442件
 新着順に表示
 5965-5972件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2007.03.22  情報源 | イギリス  カテゴリ | 水・土壌環境 >> 水質汚濁
イギリス テムズ川クリーンアップ・プロジェクトを発表
 イギリスのピアソン大臣は、前代未聞の規模のテムズ川クリーンアップ・プロジェクトを発表した。これはテムズ川に沿って30kmの下水トンネルを建設し、ロンドン東部の下水処理場に排水や雨水を運ぶという壮大なプロジェクトである。
 ロンドンの現在の下水道網は、19世紀後半にジョセフ・バザルジェット氏によって建設され、当時最高の技術と称えられた。
 しかし、気候変動と都市の拡大により、現在では年間5200万m3もの未処理の下水、雨水がテムズ川とリー川に流れ込み、汚染の原因となっている。このうち3200m3は、下水のオーバーフローによるものである。これにより魚が死に、河川利用者の健康に害が及び、テムズ川の美しさも損なわれてしまっている。
 プロジェクトの完成予定は2019/2020年度で、建設費用は20億ポンドと推定されている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
下水処理
下水道
河川
気候変動
プレスリリース |
http://www.defra.gov.uk/news/2007/070322a.htm

ページトップへ