一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境協力に関する日中共同声明を公表 温家宝首相・安倍首相の会談の成果

【発表日】 2007.04.11 【情報源】 環境省 【地球環境 国際環境協力

 訪日中の温家宝・中華人民共和国首相と安倍首相の首脳会談の成果として、2007年4月11日、日中両国政府の「環境保護協力の一層の強化に関する共同声明」が公表された。
 温家宝首相は07年4月11日から13日まで、公賓として日本に滞在しており、11日夕方に安倍首相と首脳会談を実施。06年10月の安倍首相訪中の際に合意した「戦略的互恵関係(共通の戦略的利益に立脚した互恵関係)の構築」の具体的な協力内容を決定し、その内容を示す共同文書「日中共同プレス発表」(注1)とともに、特に環境分野の協力内容を示す「環境保護協力の一層の強化に関する共同声明」をまとめた。
 この「環境保護協力の一層の強化に関する共同声明」には、(1)水質汚濁防止、(2)循環経済実験区モデルの建設・拡充などの循環型社会の構築、(3)大気汚染防止、(4)2013年以降の気候変動対策の枠組み構築過程への積極参加などの気候変動対策、(5)電気・電子廃棄物・有害廃棄物の輸出入管理などの有害化学物質対策、
(6)造林・緑化、(7)多国間協力の枠組みの下での東アジア地域の持続可能な開発の促進、(8)持続可能な開発・環境保護に関する普及啓発・教育、(9)日中環境保護合同委員会(注2)の下での協力・政策対話の強化、技術交流・移転での知的財産権の重視、(10)日中友好環境保全センターを基盤とした先進的環境技術の移転・研究開発協力の推進−−の10分野の協力内容が盛りこまれており、日中双方が関係部門での更なる協議を通じて、この内容を具体的に実施していくとされている。【環境省】

(注1)「日中共同プレス発表」では、戦略的互恵関係の基本的内容として(一)政治面の相互信頼の増進・平和的発展、(二)エネルギー、環境、金融、情報通信技術、知的財産権保護についての互恵協力の深化、(三)防衛分野の対話・交流の強化、(四)青少年、メディアなどの交流、文化交流の強化、(五)東アジア地域及び地球規模の課題に共に対応すること−−の5点を示している。
(注2)1994年3月に締結された日中環境保護協力協定にもとづく政府間協議の場として設置されている委員会。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク