一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

UNEP事務局長 「国際生物多様性の日」のメッセージ

【発表日】 2007.05.22 【情報源】 国連 【自然環境 生物多様性

 5月22日は「国際生物多様性の日」。それを受け、UNEPのシュタイナー事務局長は以下のような声明を発表した。
 生物多様性条約第6回締約国会議で採択された2010年目標まで、あと3年だが、達成は危うい。
 2005年のミレニアム生態系アセスメントによると、世界の生態系の60%が減少し、2006年に公表されたIUCNのレッド・リストによると、現在知られている生物種の2/5が絶滅の危機に瀕している。今年度の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書によると、地球温暖化は世界の生態系に影響を及ぼしており、20〜30%の動植物種について絶滅のリスクが高まっていることも明らかとなった。
 一方で、木材や農作物、最近はバイオ燃料の需要の高まりに応えるため、熱帯林の伐採が続いている。クリーン開発メカニズム(CDM)の下では、新規植林に対してはクレジットを受け取ることができるが、既存の森林の保護には何のインセンティブもなく、変更すべきである。今年度後半、気候変動枠組条約の締約国は、バリでポスト京都議定書体制に関する交渉を行う予定だが、会議では、インドネシアやブラジルといった国が自国の森林を保護するよう、強いインセンティブを付与すべきである。【UNEP】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク