EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
UNEP10億本植樹キャンペーン 5カ月で目標達成!    
次の記事へ
 件数:11453件
 新着順に表示
 6411-6418件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2007.05.22  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
UNEP10億本植樹キャンペーン 5カ月で目標達成!
 気候変動対策として、世界中で10億本の植樹を行う「10億本植樹キャンペーン」は、5月22日、セネガルが2000万本の植樹を約束したことで、予定より約7カ月も早い5カ月で目標を達成した。
 キャンペーンは、2004年のノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ氏の運動からヒントを得てスタート。マータイ氏やモナコのアルバート王子の後援を得て実施された。
 主催者のグリーンベルト運動や国際アグロフォレストリー研究センター(ICRAF)等の熱意に応え、5歳から80歳までの幅広い年齢層が参加。途上国から先進国まで、コミュニティや幼稚園、スカウト団、学校、大学、芸術家、市議会、民間企業、国家、NGOが植樹に参加した。
 UNEPのシュタイナー事務局長は、国やコミュニティ、途上国および先進国の企業や個人が熱心に参加してくれたことで、気候変動に取り組むことは政治的なリスクをおかすことではなく、有権者にも人気のある行動だということが示され、各国政府を勇気づけたであろう と述べた。
 また、「来年の国際生物多様性の日には、60億本の植樹が達成されるだろう」と述べた。【UNEP】
記事に含まれる環境用語 |
アグロフォレストリー
気候変動
生物多様性
途上国
プレスリリース |
http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=506&ArticleID=5587&l=en
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
UNEP 気候変動とアフリカ、気候変動と世界遺産に関する報告書を公表 10億本の植林キャンペーンも開始(EICネット 海外ニュース)
関連リンク
10億本植樹キャンペーン
グリーン・ベルト運動
国際アグロフォレストリー研究センター

ページトップへ