一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ドイツ 2007年末には 発電に占める再生可能エネルギーの割合が14%に

【発表日】 2007.08.03 【情報源】 【エネルギー 再生可能エネルギー

 ドイツ連邦環境省は、発電に占める再生可能エネルギーの割合が、2007年末までに約14%に到達するという予測を発表した。
 これは、2007年の電力需要が2006年と同様であるという前提で、気象条件を考慮して算出した数値である。ドイツは、2010年までに電力消費量の12.5%を再生可能エネルギーで供給することを目標にしているが、今回の予測は、その達成を示すものである。
 発電に占める再生可能エネルギーの割合は、2000年に6.3%だったが、2005年には10.4%、2006年には12%と増え続けている。
 ガブリエル環境大臣は、「再生可能エネルギーは、気候保護、さらにエネルギー供給の安全保障にとっても重要な柱となっている」とコメントした。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク