EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
家庭や団体を対象に第2回我が家の「eco宣言☆」募集  
次の記事へ
 件数:26605件
 新着順に表示
 14652-14659件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.05.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 地球温暖化などの気候変動対策は、グローバルな問題として国際社会または国全体レベルで進められていますが、基礎自治体や地域コミュニティレベルにおいても環境負荷軽減の取り組みは不可欠であります。また、東日本大震災を教訓に、地域においても通常時、緊急時を問わず確保できる「自立・分散型エネルギーの導入」などによる災害に強い地域づくりが求められています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2007.10.15  情報源 | 環境省  カテゴリ | 環境学習 >> その他(環境学習)
家庭や団体を対象に第2回我が家の「eco宣言☆」募集
 環境省は家庭や団体・企業を対象に、環境にやさしい暮らし方(エコライフ)の取組みに関する「eco宣言☆」を平成20年1月15日まで募集することにした。
 同省では家庭で環境にやさしい暮らし方に取り組む人を応援するために、17年度から「我が家の環境大臣事業」をスタートさせたが、今回の「eco宣言☆」募集もこの事業の一環として行われるもの。
 募集部門は(1)ファミリー部門、(2)こども部門、(3)団体部門−−の3部門。
 ファミリー部門では、家庭で取り組んだエコライフの成果や目標、こども部門では、学校・地域・こどもエコクラブなど、中学生以下のこども達が取り組んだエコライフの成果や目標、団体部門では、団体や企業がメンバーやその家族に対して行ってきたエコライフ推進に向けての取組みの成果・目標を募集する方針で、対象となる「eco宣言☆」の形式は20語程度の標語とその内容を説明した250字程度(団体部門は600字程度)のミニレポートとしている。
 なお応募は、官製はがきでも可能だが、必要事項を記入する応募用紙が環境省のエコファミリーウェブサイトからダウンロード可能となっている。
 応募は郵送、FAX、電子メールで受付けている。宛先は「我が家の環境大臣全国事務局」エコファミリーeco宣言☆応募係(住所:〒106−0041東京都港区麻布台1−11−9ダヴィンチ神谷町2F財団法人日本環境協会内、FAX番号:03−5114−1250、電子メールアドレス:WAGAYA@asahi-net.email.ne.jp)。
 応募作品については、取組みのユニークさ・継続性などを審査委員会が評価し、最終的に環境大臣が優秀作品を決定する予定。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
こどもエコクラブ
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8904
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
家庭や団体・企業を対象に「eco宣言☆」募集
エコライフへの取組みに関するレポート 環境大臣賞などを決定 (EICネット 国内ニュース)
「我が家の環境大臣」への参加家庭を18年度も募集(EICネット 国内ニュース)
関連リンク
我が家の環境大臣 エコファミリー「eco宣言☆」募集情報
エコファミリーウェブサイト 我が家の環境大臣

ページトップへ