一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

エコレールマーク認定商品17件、認定企業37件に

エコビジネス 環境ラベル】 【掲載日】2007.12.07 【情報源】国土交通省/2007.12.07 発表

 平成19年12月6日に開催された、第12回「エコレールマーク運営・審査委員会」(委員長:苦瀬博仁・東京海洋大学教授)で、商品4件と取組企業1件について「エコ・レールマーク」の使用を認めることが決まった。
 「エコ・レールマーク」は、鉄道貨物輸送のCO2排出量が営業用トラック輸送の8分の1しかなく環境負荷が低いことを一般消費者に知ってもらうため、新たに制定されたラベル。
 個別商品での利用と、鉄道輸送に熱心な企業を示すための利用を想定しており、商品に利用する場合の認定基準は「500キロメートル以上の陸上貨物輸送をしている商品で、数量または、数量×距離の比率で30%以上を鉄道輸送していること」。また企業として利用する場合の認定基準は「500キロメートル以上の陸上貨物輸送をしている企業で、商品の数量または、数量×距離の比率で15%以上を鉄道輸送していること」となっている。
 マークを利用するにはこの認定基準をクリアした上で、1企業あたり年間10万円(消費税別)・契約期間2年間分の使用量を払うことが必要。ただし複数商品が認定されたり、商品と企業の両方が認定された場合でも、1企業あたり年間10万円という使用料は増加しない。
 今回、製品としての利用が認定されたのは、キリンビバレッジ(株)の「キリンレモン」と「午後の紅茶」、アサヒ飲料(株)の「十六茶」と「三ツ矢サイダー」。企業としての利用が認定されたのは、新日本製油(株)。
 今回の決定まででエコ・レールマークの認定を受けた商品は計17件、企業は計37件となった。【国土交通省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク