EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ 代償ミティゲーションに関する規則を公表   
次の記事へ
 件数:11284件
 新着順に表示
 5593-5600件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.03.31  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
アメリカ 代償ミティゲーションに関する規則を公表
 アメリカEPAと陸軍工兵隊は3月31日、代償ミティゲーションをどのように提供するか明確にするため、新しい規則を公表した。
 国の管轄する水域に影響を及ぼす事業は、水質浄化法に基づく審査の対象となるが、この審査を行う陸軍工兵隊では、「湿地のノー・ネット・ロス」原則に則して、事業の及ぼす影響を代償するために、他の水生資源の修復・創生・強化・保護を求めることがある。こうした代償ミティゲーション手続きは、事業実施地点にある既存の水生資源やその機能の喪失を代替するものである。
 新しい規則は、パフォーマンス基準と意思決定のためのタイムフレームを設定するもので、ミティゲーションバンクなどに関する当面の要求事項や基準も盛り込まれている。新規則は、いつ、どのようにミティゲーションを完了すべきかという点を変更するものだが、ミティゲーションが要求される時点についての変更はない。また、事業申請者が代償ミティゲーションを提案する前に、まずは影響を回避し、最小限にすべきであるという優先順位を変更するものでもない。【EPA】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
ミティゲーション
代償ミティゲーション
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/bd4379a92ceceeac8525735900400c27/d477c2e3110868ef8525741d004eaced!OpenDocument
関連情報 |
関連リンク
詳細について

ページトップへ