一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境技術実証事業 湖沼等水質浄化技術分野 平成20年度実証運営機関を選定

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2008.04.15 【情報源】環境省/2008.04.14 発表

 環境省は、平成20年4月1日付けで社団法人日本水環境学会を湖沼等水質浄化技術分野の実証運営機関として選定したと発表した。
 平成20年度環境技術実証事業実施要領に基づき、公益法人及び特定非営利活動法人を対象に、平成20年度の湖沼等水質浄化技術分野における実証運営機関の公募を20年2月21日〜3月7日まで行い、申請のあった団体について審査が行われていたもの。
 環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的として行う事業。
 今後は、実証運営機関において、地方公共団体(都道府県及び政令指定都市)を対象に 湖沼等水質浄化技術分野の実証機関の公募が行われる予定。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク