EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
第11回国際エネルギー・フォーラムの概要と評価を発表  
次の記事へ
 件数:30359件
 新着順に表示
 17881-17888件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.04.25  情報源 | 外務省  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
第11回国際エネルギー・フォーラムの概要と評価を発表
 外務省は、4月21日〜22日の期間でイタリア・ローマにおいて開催された第11回国際エネルギー・フォーラムの概要と評価を発表。
 今回の会合では「地球規模の課題に対応するためのエネルギー対話(Energy Dialogue to Respond to Global Challenges)」を全体テーマとして掲げた。
 会合の結果として得られたコンセンサスとして、IEFを通じた生産国・消費国の協力と効果的な対話の重要性、IEFが調整を行う共同石油データ・イニシアティブ(JODI)の推進支持、石油、天然ガス等の化石燃料に対する継続的かつ新規の投資の必要性、気候変動問題への対応とのつながりを重視したエネルギー政策のありようと配慮事項等、開発途上国のエネルギー・アクセス向上への国際的協力の重要性などが指摘されている。
 また、今回の会合の評価として、石油価格の高騰をはじめとするエネルギー問題の課題とその解決に向けた取組等に対して生産国・消費国がそれぞれの立場で自由な意見交換を行う機会を得たこと、長中期的なエネルギー市場の安定化のために、産消双方がそれぞれの責任を果たすことの重要性に関する共通認識が得られたこと、エネルギー貧困層の状況改善や将来的なエネルギー安全保障の確保に向けた技術開発の重要性に対する共通認識が得られたこと、また石油市場の透明化確保に向けてIEF事務局が取り組んできた共同石油データイニシアティブ(JODI)に対する支持と一層の推進に対して一致したことなどがあげられている。
 なお、国際エネルギー・フォーラム(IEF:International Energy Forum)は、1991年にフランスで第1回が開催されて以降、石油等のエネルギー生産国と消費国がエネルギー政策に関する情報交換・意見交換を行うことによって、両者の関係促進を図るため、2年に1度開催される閣僚級の対話の場。前回会合は06年4月にカタールのドーハにて、また前々回会合が04年5月にオランダのアムステルダムにて開催されている。
記事に含まれる環境用語 |
安定化
化石燃料
開発途上国
気候変動
プレスリリース |
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/energy/forum11_gh.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
小池外務大臣政務官、国際エネルギー・フォーラム(IEF)に出席へ
第8回国際エネルギー・フォーラムを大阪で開催
第8回国際エネルギーフォーラムに平沼経済産業大臣と植竹外務副大臣が出席へ
関連リンク
エネルギー・鉱物資源(外務省外交政策)
第10回国際エネルギー・フォーラム(概要と評価)

ページトップへ