一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

5つの地域協議会の事業提案を採択 20年度ソーラー・マイレージクラブ事業

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2008.06.25 【情報源】環境省/2008.06.23 発表

 環境省は平成20年度「ソーラー・マイレージクラブ事業」として、5つの地域協議会の事業提案を採択することを20年6月23日までに決定した。
 「ソーラー・マイレージクラブ事業」とは、「地球温暖化対策地域協議会(注1)」を組織した地域の家庭からの二酸化炭素排出削減量について目標値を設定した上で、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー利用設備(ハード)導入、省エネルギー対策の普及啓発活動(ソフト)実施などに取組む事業。
 今回採択されたのは、「ありんこ省エネ村(事業実施箇所:愛知県、岐阜県、長野県)」、「東京地域地球温暖化防止倶楽部(同:東京都)」、「NPO法人太陽光発電所ネットワーク関西地域交流会(同:関西一円(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山))」、「NPO法人太陽光発電所ネットワーク佐賀地域交流会(同:佐賀県)」、「宇部市地球温暖化対策ネットワーク(同:山口県宇部全域)」。【環境省】

(注1)地球温暖化対策地域協議会は、「地球温暖化対策推進法」第26条第1項で、日常生活の温室効果ガス排出抑制措置について協議し、具体的な対策を実践する場として規定されている団体。地方公共団体、都道府県地球温暖化防止活動推進センター、地球温暖化防止活動推進員、事業者、住民らが構成員として想定されている。正式な地球温暖化対策地域協議会になるためには、環境省または各地方環境事務所に必要書類を提出の上、登録を行うことが必要。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク