EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ国家毒性プログラム ビスフェノールAに関する最...
次の記事へ
 件数:10445件
 新着順に表示
 4474-4481件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.09.03  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 環境ホルモン
アメリカ国家毒性プログラム ビスフェノールAに関する最終報告書を公表
 ビスフェノールA(BPA)への現在の曝露量からすると、前立腺や脳の発達、胎児・乳幼児の行動について、何らかの影響が懸念されるとする、アメリカ国家毒性プログラム(NTP)の最終報告書が公表された。
 BPAは、ポリカーボネート樹脂製品やエポキシ樹脂製品に広く使われている化学物質。
 報告書は、何件もの動物実験を含む幅広い研究に基づくもので、BPAに関する長年の科学文献レビューの一部でもある。
 報告書では、BPAはヒトの生殖や発達に害をもたらす可能性があるというNTPの考えが示されている。また、BPAへの曝露が、乳腺の発達や女性の発達の促進に及ぼす影響については「最小限の懸念」、高濃度の職業性曝露については生殖に「最小限の懸念」、非職業性曝露については生殖に「ほとんど懸念なし」とされた。
 NTPのブッチャー博士は、「動物実験で見られた変化をそのまま人間に適用できるのか、明確な健康影響につながるのかという点についてはかなりの不確実性がある」としながらも、「BPAがヒトの発達に影響を及ぼす可能性は見過ごすことができない」とコメントしている。【アメリカ環境健康科学研究所(NIEHS)】
記事に含まれる環境用語 |
ビスフェノールA
プレスリリース |
http://www.niehs.nih.gov/news/releases/2008/bisphenol-a.cfm

ページトップへ