EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)データ利用ワークシ...
次の記事へ
 件数:27870件
 新着順に表示
 14851-14858件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.10.15  情報源 | 国立環境研究所  カテゴリ | 環境一般 >> 調査/研究
「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)データ利用ワークショップ」開催へ 参加者募集
 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構は、温室効果ガス観測技術衛星『いぶき』(GOSAT)の平成20年度冬期打ち上げを前に、GOSATの意義や温室効果ガス観測センサーにより得られるデータ利用の話題を中心とした公開ワークショップを開催すると発表した。
 このワークショップは、衛星データの利用者、地球温暖化問題に関心のある研究者などを対象として、同衛星による温室効果ガス観測データの特徴などを概説するとともに、研究公募により採択された研究の概要等を紹介するもの。
 日時は、平成20年11月5日(水)10時00分〜16時45分。会場は、虎ノ門パストラル 新館4階「プリムローズ」(東京都港区虎ノ門4丁目1番1号)。参加費は無料。定員は70名。
 参加希望者は、10月31日(金)までに氏名、所属機関、連絡先メールアドレスを記載のうえ、GOSAT_RA事務局( goast-prj1@nies.go.jp )までE-mailで申し込む必要がある。【環境省】【国立環境研究所】【宇宙航空研究開発機構】
記事に含まれる環境用語 |
ワークショップ
温室効果ガス
温室効果ガス観測技術衛星
環境研
地球温暖化
プレスリリース |
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2008/20081015-2/20081015-2.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)を利用した研究を公募へ(国内ニュース)
関連リンク
国立環境研究所 GOSAT 第1回研究公募採択結果のお知らせ
環境省 10月15日発表
宇宙航空研究開発機構 10月15日発表
GOSATプロジェクト 温室効果ガス観測衛星いぶき(GOSAT)データ利用ワークショップのご案内

ページトップへ