EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「いきものみっけ」夏の実施結果(速報)が発表される  
次の記事へ
 件数:28315件
 新着順に表示
 15291-15298件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.06.30

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年6月5日、恒例になった中国環境白書(「2016年中国環境状況公報」)が発表された。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入って最初の環境白書だ。今回の白書はこれまでのものと比べてコンパクトな編集になっているのが特徴だ。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2008.10.16  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
「いきものみっけ」夏の実施結果(速報)が発表される
 環境省生物多様性センターは、市民参加の生きもの調査「いきものみっけ〜100万人の温暖化しらべ〜」夏の実施結果(速報)を取りまとめ、発表した。
 同調査は、季節ごとに3種類の生き物や自然現象を対象にその確認日を調べる「いきものしらべ」と、身近なところで何に温暖化を感じているかをアンケート形式で調べる「温暖化意識しらべ」の2項目について情報収集を行うもの。夏の「いきものしらべ」は、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ及びクマゼミの鳴き声に関する情報を収集。
 10月14日時点の延べ報告件数は、合計10,199件で、うち「いきものしらべ」が8,233件、「温暖化意識しらべ」が1,966件。
 「いきものしらべ」と平成7年の「身近な生きもの調査」を比較すると、クマゼミは報告数の多かった3県をみると、いずれも初鳴き日が早くなる傾向がみられ、またクマゼミのぬけがらは平成7年に報告がなかった北陸地方や関東北部からの確認情報も寄せられている。
 なお、「温暖化意識しらべ」の「温暖化意識チェック」のアンケートによると、温暖化を感じている人の割合は全体の93%に上るとの結果が報告されている。
 詳細な分析結果は、夏の調査が終了後、全データを集計し、専門家のコメントともに公表する予定。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
身近な生きもの調査
生物多様性センター
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10292
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
「いきものみっけ〜100万人の温暖化しらべ〜」スタート及びキックオフイベントが開催へ(国内ニュース)
「いきものみっけ〜100万人の温暖化しらべ〜」 キックオフサイトを開設(国内ニュース)
「いきものみっけ〜100万人の温暖化しらべ〜」にタレントのルー大柴も参加へ(国内ニュース)
関連リンク
いきものみっけ」公式ホームページ
環境省生物多様性センター

ページトップへ